2016耐久フェスティバル

開催規則書はこちらから
16フェスティバル耐久レース規則書.pdf へのリンク
申込書はこちら
参加申し込み書.pdf へのリンク


レンタル耐久レース参加者募集の案内要領

開催日  月 日(日) 午前10時から

場所  柳井スポーツランド
申し込み締め切りは月日必着


16’レンタル耐久レース日程

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
レンタル耐久レース

レースの方法

TEAMを結成 ドライバーは2名でピット要員1名まででチームを作る。応援団は無制限。チーム名もつける。(ピット要員はドライバーが兼任できる)
登録する

1 、チーム名簿を提出。登録等の費用はいりません。

2 、レース当日までは登録ドライバーの移動、追加、削除は自由。ドライバー2名.PIT要員数は自由。

3 申し込み用紙とルール書を確認し、参加を決定する。(同じような体型での参加が良いでしょう。)

レースに申しこむ

1 、レース参加申込書に必要を記載し、参加費用を沿えて所定日までに提出。郵送またはFAXかE-mail

2 、参加費用 1チーム 15000円(税込み)が必要です。(カート使用料等全て含む)但し、ヘルメット貸出し¥500、グローブ¥100で買取、、インナー¥100は買取。

3、最大10チームまでで、10Teamになり次第締め切ります。

4、募集参加チームが10台

レース開催日

*レンタル耐久レース

 

1 、使用カートを抽選,体型にて決定する。

2 、練習走行を15分間行います。

3 、決勝グリッドはエントリー順で決定します。

4 、決勝は60分+1周のレースを行い、最も多く周回をしたもの、同周回の場合はチェッカーを早く受けたものの順で順位を決定する。

6 、衝突等で走行不可能になった場合は、その時点で終了となります。また黒旗(失格)を受けた場合も同様です。

9 信号旗に従って、安全走行で完走しましょう。

賞典

1 、上位3位までの入賞者にメダルのみを与えます。

 

レース規則要点 

 最新のものに変更しますので、その都度確認をして下さい。変更は太文字で表記します。

  1. ドライバーの総重量差がある場合は、主催者の判断で、バラスト(鉛)を装着していただきます。平均重量から著しくかけ離れている時、但し女性を含む場合は不問とします。
  2. 参加条件は、カート走行経験者なおかつ18歳以上に限らせていただきます。
  3. ピット位置等の詳細は参加受理書と共にお送りします。
  4. 旗の信号については別表表示のとおりにすること。
  5. 走路審判員が反則または妨害行為とみなしたときは、ペナルティーを課す。その行為が2回に及ぶときは失格となる。
    ドライバーサインは次のとおりとする。
      ・コース上で停止した場合は、両手を頭上高く挙げる。
      ・ピットイン&アウトする場合は、片手を頭上高く挙げる。
      ・スローダウンするときは、片手を頭上高く挙げる。
    (1)レース中、コース上で走行停止(スピン等)した場合は、他の競技車両を妨害することなく自力で再発進できる場合はレースに復帰できる。
    (2)レース中は、いかなる場合も規定コースを外れてショートカットすることはできない。この場合コースアウトとみなされ、ペナルティーの対象になる。
    (3)練習およびレース中にリタイヤしたドライバーは自分のカートを速やかに安全な場所(グリーン上等)に移動する。なおヘルメット、グローブ等は脱がないこと。
    (4)競技中の燃料補給は確実かつ安全にする。(主催者側で行います。) その時ドライバーはカートから離れること。
    (5)レース中のその他のルール
    (a)   コースは常に先入優先し、追い抜きする者は、前方のカートの走行を妨害してはならない。また前方の車は後続のカートの進路を妨害してはならない。
    (b)   いかなる場合も、定められた方向と逆に走行してはならない。(コースは一方通行です)
    (c)   故意にコースから車輪を離して走行することは、コース・アウトとみなされる。
    (d)   衝突を避けるためにやむを得ずコース・アウトした場合は、その最も近いところから再びレースに復帰してください。
    (e)  ドライバーは工具等を携帯することはできない。
    (f)   レース進行中パドック(整備エリア)に入った車両は、レースを放棄したものとみなされ再びコースに入ることはできない。(ピットエリアで整備、ドライバー交代をしてください。)
  6. (g)   不適当もしくは危険とみなしたカートおよびドライバーは、レースから除外される。(黒旗を提示します。)
    (h)   競技中にゼッケン番号が判読できない場合は、計測されないことがある。なお、オレンジ色の円形のある黒旗が振られる場合もある。
    (i) 順位の決定は、周回数の多い順で、同周回数の場合は先にコントロールラインを通過した者を優先する。 それ以後は、チェッカー旗を受けた完走者、チェッカー旗を受けない完走者、不完走者となる。
    第4章  ピットに関する事項
    (1) ピットインする場合はピットロードを徐行し、必ず自己のピットに停止しなければならない。
    ピットは指定された場所を使用しなければならない。
    (2) ピット・エリア内では火気の使用は禁止する。(タバコ等一切禁止)

    抗議に関する事項
     一切認めない。
    ペナルティーに関する事項
    1. ペナルティーには次の6件がある。
       * 警告 *タイムペナルティー
       *ラップペナルティー *失格
    2. その他のペナルティーについては、通知書等にて通知する。なお、ペナルティーについては競技長の判断により課せられる。
    成績および賞典に関する事項
    1.成績の決定方法
      ・決勝レースに出場した者の結果によって決定する。
      ・賞は各ドライバーに対して行われる。
    2.その他のことについては、当日公示する。
    3.保険金の支払方法
        保険金額は被保険者1名についてはつぎのとうりとする。
      (ア)ドライバー保険金額
         普通条件・500万円
         保険支払いについては契約保険会社の支払要項による。


    注意:入場されるすべての皆様へお願い
    モータースポーツ競技には、危険を伴う場合がありますので、立入禁止場所には絶対に入らないで下さい。立入禁止場所に入って事故があっても主催者は責任を負いません。

信号旗

flag3.jpg (3470 バイト) flag2.jpg (2371 バイト)
チェッカーフラッグ・・・競技終了
スローダウンしPITに帰る。
グリーンフラッグ・・・スタート
flag1.jpg (3156 バイト) flag4.jpg (2845 バイト)
オレンジディスクのある黒旗゙・・・トラブル発生。PIT IN、修理して再走してください。 黒旗・・・失格
危険または非スポーツマン的行為があったので競技を止めさせる。
flag6.jpg (2387 バイト) flag5.jpg (3242 バイト)
黄旗・・・追い越し,追い抜き禁止。コース上に事故車、トラブル車両等があるので、注意して走行して下さい。 白黒旗・・・警告旗
非スポーツマン的行為に対して警告。2回目は黒旗を表示されます。

 


16'耐久フェスティバル(暫定)

16'耐久フェスティバル in YANAI 概要
2016年月日(日)柳井スポーツランド
120分耐久 規定
クラス エンジン フレーム タイヤ ピット作業 スタート前作業 チェカー スタート順位
 SSO yamaha KT100          自由                年式型式は問わず(過去市販されたもの) SL     コンパウンド 給油作業 手動灯油ポンプのみ可。使用タイヤセットは自由。フレーム骨格本体にクラック等が発生したときのみ、予備の車体に交換できる。その他ピット作業は自身のピットエリアのみで、作業できる。パドックに持ち込まれた場合は、棄権とみなします。トラック内でのトラブルは、指定(胸ゼッケン)されたクルー1名のみ補助できる。ピットエリアでの作業要員(18歳以上のこと)は、サンダル、ノースリーブを禁止。                            タイヤに登録 マーキング  重量測定 規定時間   +1周回 抽選
ペナルティ ピット要員の違反は、5周回減算 120分耐久レース エントリーフィー
1チーム(ドライバー2名とピットクルーを含む)
締切日 月日必着 1台¥15000(税込)
競技内容抜粋
1、公式練習は15分。決勝時間は120分+1周回 スタートグリッドは抽選。
2、事前車検時に使用予定のタイヤ、エンジンを登録。
3、重量はスタート前に計測、ドライバー2名の平均+カート重量が140Kgを超えること。
4、走行に異常がある場合は、ドライバー交代を指示する場合がある。
5、ピット作業について・・使用工具は自由。給油はジョッキー等は認めない。携行缶等から手動ポンプで給油のこと。
6、コース内のトラブルは、胸ゼッケン(登録されたもの)のあるピット要員が、競技長の許可を得て、立ち入ることができる。
7、
8、賞典は3位までメダル。

*タイムスケジュール
後日公示する。

TOPへ