レース規則書        

 

2021年耐久サマー&X’masレース開催
2021年Jカップカートレース(レンタル&エンジンデリバリー部門)
2021年SLカートレース柳井シリーズ(持込カート部門) 

HOMEへ

21’柳井シリーズ規則書(カート部門)
21’レンタル耐久レース要領&レンタルカートレース

21'SLカートレース柳井シリーズ規則書

SLカートミーティング日程

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
SLレース 14 9 11 12 26
 参加料
6日前までに申し込んでください。(月曜日まで)
当日エントリーは受け付けません。

申し込みは FAX、 E-mail、 電話いずれでも可能です。エントリー代はレース当日支払いになります。

規則書はこちら  21’SLカートミーティング規則書.pdf へのリンク

申込用紙はこちら 21'SL柳井シリーズ参加申込書.pdf へのリンク 
タイムテーブル
 
  走行受付 ミーティング 公式練習 タイムトライアル 予選  決勝 賞典 
SLカートレース部門  11:00~11:20   12:00~ 12:20~  13:00  14:00~(15周)  15:00~(20周)  16:00 
Jカップレンタルレース  9:00~9:20  9:30  9:40~   なし 10:30 (10周) 12:20(18周)  12:40 
     各10分間 2周計測 15周回 20周回  
*当日は一般走行が出来ません。公式練習タイムは10分間で、参加しない場合当日のレースには参加できません。。
*SLレースエントリー料は、7,000円 

SLレース規則の変更点
1.登録エンジンは1基までとする。
2.エンジンのスキッシュエリアの確保。詳細はこちら
3.参加資格について ・・・有効なSLライセンス、当年SL手帳とSLカートスポーツ保険加入証
4.ヤマハSSOクラスとスーパーSSS・・・・リヤプロテクターを必備とする。

 クラス区分
クラス エンジン フレーム 重量 タイヤ
YAMAHSSS
スーパーSS

*1 ヤマハ国内仕様

 KT100SD/SEC/SC

一切の改造・付加は不可。

キャブレターについても改造は不可。
キャブはWB3A,WB21,WB33で26фmm以下、指定ジョイント使用
  

ノイズBOXはヤマハ純正 

 

自由

リヤアクスル50фmm以下

フロントブレーキは禁止


135Kg BS
SL17
に相当するスリックタイヤ
DULOP
YOKOHAMA
30歳以上

YAMAHASSオープン
自由

リヤアクスル50фmm以下


フロントブレーキは禁止
135Kg
BS 
SL17
これに準ずるコンパウンド
12歳以上
14歳 (中学生) 以下はKT100SECに限る

*1 切削、付加等一切の変更、改造は禁止される。 但し、プラグ,プラグキャップ、ボルト、ナット、 ワッシャ、スプリング、 バンドは自由
フレームの基本骨格、バンパーのサイズ、形状、材質およびフロアーパネルの材質の変更は禁止される。ステアリング装置はハンドルとナックルを除き、ブレーキ装置はキャリパー、ディスク、マスターシリンダーの変更が禁止される。

改造、交換部品についてはすべてSL規則(21‘SL手帳記載)に準じます。 2月中旬に入荷予定
第1章 大会開催に関する事項
1 大会運営者   
    
2 大会役員
      
  競技長      
  技術委員長    
  計時委員長    
  コース委員長   
  大会事務局長   
3 大会事務局
  柳井モータースポーツクラブ
 〒742-0201 山口県柳井市伊陸
 ℡0820-26-0555  ファックス0820-26-0137
4 競技会主催者
  柳井モータースポーツクラブ
5 競技の種目、内容と格式  
   (1)種目    スプリントレース&耐久(フェステイバル)
  (2)内容と格式  
6 本規則に記載されていない競技運営に関する
  実施細目およびエントラント、ドライバーに対する指示事項は公式通知によって示される。
    なお、公示は次の方法による。
  (1) 開催日の前日まで・・大会事務局内に掲示及びHPにて告示する。
  
  (2) 開催当日・・開催場所の事務局設置場所
7 開催場所
  柳井スポーツランド
  山口県柳井市伊陸 ℡0820-26-0555
第2章 競技参加に関する事項
1 エントリーの受付 
  (1)エントリーの受付期間
     ① エントリーの受付期間・・6日前までに受付ます。(月曜日正午まで)
  (2)エントリーの受付時間 am 9:00~pm5:00
 (3)エントリーフィー・・・7000円 
FAX,E-mailでの申込みをしてください。
  (3)エントリー代は当日お支払いください。
  (4)受付場所 大会事務局 柳井スポーツランド
  (5)エントリーするとき必要な物
     1. エントリー申込書
     2. 競技会参加に関する誓約書(20歳未満の方は、親権者の同意が必要です。)
     3. ピットクルー登録申込書
   上記3点は1枚の申し込み用紙にて出来ます。(別表1)
  (6)エントリーの台数制限
    各クラス 20台
2.参加料(保険料、ピットクルーを含む)大会当日集金します。
      ピットクルーは1車輌につき2名までとする。
3.エントリーの方法および資格
   
   資格はSLメンバー(有効なSLライセンス)&21’SL手帳 SLカートスポーツ保険加入のこと
4.エントリーの受理と拒否
  a、主催者は、理由を示すことなくエントリーを拒否できる。かつその行為をもって最終の決定とする。

  b、参加の受理は、必要事項が全て明記された参加申込書をFAX,郵送、E-mail及び持参により受け付ける。
  
5.保険
 ドライバーおよびピットクルーは、登録と同時に主催者の指示する傷害保険に加入しなければならない。
 (1)保険金の支払い方法については、SLスポーツ保険の定めによる。
 (2)ドライバーおよびピットクルーは、上記の保険とは別にドライバー900万円以上、ピットクルー
400万円以上のカート競技に有効な任意の保険(生命、傷害保険)に加入することを希望する。また、
練習時を含めて健康保険証(コピー)を携帯しなければならない。但し、レース当日は義務付けとする。
6.シャーシー、エンジンおよびタイヤの登録
 競技に使用するシャーシー、エンジンおよびタイヤは、車輌申告書に登録し、かつ車輌検査に合格したも
ののみが使用できる。
  登録、使用できる数は次の通りとする。
 (1)全クラスは、シャーシー1台、エンジン2基まで、タイヤ(スリック)1セット。予備のタイヤは自由。
(2)エンジン部品の交換は、主催者の定めにより、認める。
 (3)練習においては登録以外のタイヤを使用することは許される。
 (4)エンジンの交換は登録されたもので交換使用することは自由である。
第3章 競技に関する事項
1.公式練習
  10分間。これに参加できない場合は、当日のレースに参加できない。
 
2.タイムトライアル   
 (1)全てのドライバーは、グリッドポジションを決定するタイムトライアルに参加しなければならない。
タイムトライアルに参加しない場合はタイムトライアル失格となり、予選は最後尾スタートとなる。
    タイムトライアルの出走順は抽選による。
 (2)各カートは1ラップのウオーミング・アップ後、2ラップの走行を行う。
    同タイムの場合は、先にトライした者を優先とする。
3.予選レース
   予選は1レース15周回で、決勝レースのポジションを決定する。

4.決勝レース
 (1)予選の順位で決勝レースのポジションを決定し、最大20台で20周回行う。
 (2)ポイント制とし、違反が生じた場合はその者 に3ポイントペナルティーを課し順位を下げる。
5.その他競技に関する事項
 (1)スタート
  a,ローリングスタートとする。ローリングの開始に遅れた者は原則として隊列の最後尾につかなければならない。
  b. ローリング中、各ドライバーは主催者が定める区間(最終コーナーからスタートラインまで)での追い越し、
  はみ出しおよび割り込みは禁止する。
  c.スタートライン手前25mに引かれた黄色のライン(加速ライン)を超えるまではアクセルを全開してはならない。
  d.ローリングのペースを乱す者があった場合は黒白旗が示される。
  e. ローリングに遅れた者が隊列の前に出て待つような行為をしてはならない。また、ローリングに大きく遅れた場合
(白地に赤の×印ボードで警告)、隊列に1周回遅れた者およびローリング中ピットインした者は自己のポジション
に復帰できない。
  f. ローリング中に指示されない限り、コースをショートカットすることはできない。
  g. ローリング中にポールおよびセカンドのカートが停止または遅れてもローリングは続行される。その際先頭にいる者
がローリングペースを保持すること。但し、トラブル車輌のポジションは空白に保たなければならない。
  h.スタート旗が振られても自分のカートが.スタートラインを超えるまでは追い越し、はみ出しをしてはならない。
  i.スタート後、先頭のカートが.1周回してスタートラインを超えるまでにコースインはしたが、コース上にいて発進
始動しないカートおよびピットにいるカートはそのレースに参加(出走)できない。
(2)旗の信号については表示のとうりにすること。
(3)走路審判員が反則または妨害行為とみなしたときは、ペナルティーを課す。その行為が2回に及ぶときは失格となる。
(4)ドライバーサインは次のとうりとする。
  ・コース上で停止した場合は、両手を頭上高く挙げる。
  ・ピットイン&アウトする場合は、片手を頭上高く挙げる。
  ・スローダウンするときは、片手を頭上高く挙げる。
(5)レース中、コース上で走行停止(スピン等)した場合は、他の競技者を妨害することなく自力で再発進できる場合は
レースに復帰できる。
(6)レース中は、いかなる場合もコースを外れてショートカットすることはできない。この場合コースアウトとみなされ、
ペナルティーの対象になる。
(7)タイムトライアル、およびレース中(ローリングを含む)にリタイヤしたドライバーは自分のカートを
速やかに安全な場所(グリーン上等)に移動し、その期間が終了するまで車輌から離れてはならない。なおヘルメット、
グローブ等は脱がないこと。コース員の押しがけの補助が必要の場合は、これを手助けするが、コース員の安全が優先される。
(8)競技中(スプリントレース)の燃料補給はできない。
(9)フィニッシュに関しては、レース着順位の1位の者がコントロールライン通過後2分以内に、自力で同ラインを通過
してチェッカー旗を受け、その上規定周回数の半分を完了した者が完走者となる。自力とはドライバーとカートが一体
となり、他の助けを借りることなく、コース上を規定方向に進行できる状態で、カートを押してフィニシュラインを
通過してはならない。
(10)レース中のその他のルール
 (a)  コースは常に先入優先し、追い抜きする者は、前方のカートの走行を妨害してはならない。また前方の車は後続
のカートの進路を妨害してはならない。
 (b)  いかなる場合も、定められた方向と逆に走行してはならない。
 (c)  故意にコースから車輪を離して走行することは、コース・アウトとみなされる。
 (d)  衝突を避けるためにやむを得ずコース・アウトした場合は、その最も近いところから再びレースに復帰しなけれ
ばならない。
 (e)  ドライバーは工具等を携帯することはできない。
 (f)  レース進行中パドックに入った車輌は、レースを放棄したものとみなされ再びコースに入ることはできない。
 (g)  不適当もしくは危険とみなしたカートおよびドライバーは、レースから除外される。
 (h)  競技中にゼッケン番号が判読できない場合は、計時されないことがある。なお、オレンジ色の円形のある
黒旗が振られる場合もある。
 (i) 順位の決定は、周回数の多い順で、同周回数の場合は先にコントロールラインを通過した者を優先する。
それ以後は、チェッカー旗を受けた完走者、チェッカー旗を受けない完走者、不完走者となる。
第4章  ピットに関する事項
(1) ピットインする場合はピットロードを徐行し、必ず自己のピットに停止しなければならない。
ピットは指定された場所を使用しなければならない。なお、レース中の燃料補給はしてはならない。
(2) 
ピット・エリア内では火気の使用は禁止する。(タバコ等一切禁止)
(3) レース終了後の車輌保管および検査は次の通りとする。
  (a)保管時間は5分以上、所定の場所で行う。
  (b)技術委員長が行う再検査に応じない場合は失格となる。
第5章 抗議に関する事項
 一切認めない。
第6章 ペナルティーに関する事項
1. ペナルティーには次の6種類がある。
   * 警告 *罰金 *タイムペナルティー
   * ポイントペナルティー *ラップペナルティー *失格
2. その他のペナルティーについては、付則または公式通知等にて通知する。なお、ペナルティーについては
競技長の判断により課せられる。
第7章 成績および賞典に関する事項
1.成績の決定方法
  ・決勝レースに出場した者の結果によって決定する。
  ・賞はドライバーに対して行われる。
2.

第8章 広告に関する事項
 主催者は、公序良俗に反するもの、政治および宗教に関連したものについては抹消する権限をもつ。
なお、ナンバープレートに広告を表示することは認めない。
反社会団体、構成員等の参加は認めません。
第9章 付則
  1.タイムスケジュール
      
2.周回数
    予選    15周回
    決勝    20周回
3.その他のことについては、当日公示する。
4.保険金の支払方法
    保険金額は被保険者1名についてはつぎのとうりとする。
  (ア)ドライバー保険金額
     普通条件・500万円
     保険支払いについては契約保険会社の支払要項による。

*コース概要  
 全長     720m
ストレート直線長 140m     
パドック    1500㎡   
駐車場     4500㎡  
*ショートコース概要    
 全長   140m   
 幅員     4m   

山口県柳井市伊陸
TEL 0820-26-0555 FAX 0820-26-0137

入場されるすべての皆様へお願い!! モータースポーツ競技には、危険を伴う場合がありますので、立入禁止場所には絶対に入らないで下さい。 立入禁止場所に入って事故があっても主催者は責任を負いません

TOPへ

  1. レンタルJカップレース参加者募集の案内要領
    暫定


    開催日 5 月9 日(日) 午前9時から

    場所  柳井スポーツランド
    申し込み締め切りは開催日一週間前必着
    定員になり次第締め切ります

    21’レンタル耐久レース日程

    1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
    レンタル耐久レース 14 9 11 12 26


    レースの方法
    レンタルレースに参加されるドライバーは、できるだけツナギを着用されるようにお願いします。

    TEAMを結成 ドライバーは1名でピット要員2名まででチームを作る。
    エントリーする

    1 、ドライバー1名登録でエントリーをする。

    2 ドライバー1名.PIT要員数は自由。

    3 申し込み用紙とルール書を確認し、参加を決定する。

    レースに申しこむ

    1 、レース参加申込書に必要事項を記載し、参加費用を沿えて所定日までに提出。郵送またはFAXかE-mail

    2 、参加費用 1チーム 7.700円(税込み)が必要です。(カート使用料等全て含む)但し、ヘルメット貸出し¥200、グローブ¥100で貸出、、インナー¥100は買取。

    3、最大8台までで、8Teamになり次第締め切ります。

    4、募集参加チーム8台

    レース開催日

    *レンタル耐久レース

     

    1 、使用カートを抽選,体型にて決定する。

    2 、練習走行を10分間行います。

    3 、決勝グリッドはエントリー順、タイムトライル計測または練習走行中の計測タイムによる。)

    4 、予選は10周回、決勝は18周回行い、順位を決定する。

    6 、衝突等で走行不可能になった場合は、その時点で終了となります。また黒旗(失格)を受けた場合も同様です。

    9 信号旗に従って、安全走行で完走しましょう。

    賞典

    1 、上位3位までの入賞者にメダルのみを与えます。(4台の場合は2位、3台の場合は1位)

     

    参加費 使用カート
    1チームカート使用料含む  ピット作業はなし。
    ¥7,700(税込)  ヤマハKT100Jカート スプリントレース
    エンジンのみのデリバリーもOK 参加費4000円
    ドライバー1名
    エントリー多数の場合は、先着順、エントリー締め切りの時点で判断し、告知します。
    参加申し込みは開催日一週間前必着。FAX、Mailまたは郵送
    エンジンデリバリーの場合は、KT100Jエンジン単体のみで、チャンバー、ノイズBOXその他車体関連は、各自用意してください。


    TOPへ
     

    レンタル耐久レース参加者募集の案内要領
    暫定


    開催日  月 日(日) 午前9時から

    場所  柳井スポーツランド
    申し込み締め切りは開催日一週間前必着


    21’レンタル耐久レース日程

    1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
    レンタル耐久レース 18 19

    予定は変更する場合があります。
    レースの方法

    TEAMを結成 ドライバーは2名以上でピット要員1名まででチームを作る。応援団は無制限。チーム名もつける。(ピット要員はドライバーが兼任できる)
    登録する

    1 、チーム名簿を提出。登録等の費用はいりません。

    2 、レース当日までは登録ドライバーの移動、追加、削除は自由。ドライバー2名以上3名まで.PIT要員数は自由。

    3 申し込み用紙とルール書を確認し、参加を決定する。(同じような体型での参加が良いでしょう。)

    レースに申しこむ

    1 、レース参加申込書に必要を記載し、参加費用を沿えて所定日までに提出。郵送またはFAXかE-mail

    2 、参加費用 1チーム 1.5000円(税込み)が必要です。(カート使用料等全て含む)但し、ヘルメット貸出し¥200、グローブ¥100で貸出、、インナー¥100は買取。

    3、最大10チームまでで、10Teamになり次第締め切ります。

    4、募集参加チームが10台

    レース開催日

    *レンタル耐久レース

     

    1 、使用カートを抽選,体型にて決定する。

    2 、練習走行を10分間行います。

    3 、決勝グリッドはエントリー順または練習走行中の計測タイムによる。))

    4 、決勝は60分+1周のレースを行い、最も多く周回をしたもの、同周回の場合はチェッカーを早く受けたものの順で順位を決定する。

    6 、衝突等で走行不可能になった場合は、その時点で終了となります。また黒旗(失格)を受けた場合も同様です。

    9 信号旗に従って、安全走行で完走しましょう。

    賞典

    1 、上位3位までの入賞者にメダルのみを与えます。

     

    レース規則要点 

     最新のものに変更しますので、その都度確認をして下さい。変更は太文字で表記します。 

    1. ドライバーの総重量差がある場合は、主催者の判断で、バラスト(鉛)を装着していただきます。平均重量から著しくかけ離れている時、但し女性を含む場合は不問とします。
    2. 参加条件は、レンタルカート走行経験者またはカート走行経験者に限らせていただきます。
    3. ピット位置等の詳細は参加受理書と共にお送りします。
    4. 旗の信号については別表表示のとおりにすること。
    5. 走路審判員が反則または妨害行為とみなしたときは、ペナルティーを課す。その行為が2回に及ぶときは失格となる。
      ドライバーサインは次のとおりとする。
        ・コース上で停止した場合は、両手を頭上高く挙げる。
        ・ピットイン&アウトする場合は、片手を頭上高く挙げる。
        ・スローダウンするときは、片手を頭上高く挙げる。
      (1)レース中、コース上で走行停止(スピン等)した場合は、他の競技車両を妨害することなく自力で再発進できる場合はレースに復帰できる。
      (2)レース中は、いかなる場合も規定コースを外れてショートカットすることはできない。この場合コースアウトとみなされ、ペナルティーの対象になる。
      (3)練習およびレース中にリタイヤしたドライバーは自分のカートを速やかに安全な場所(グリーン上等)に移動する。なおヘルメット、グローブ等は脱がないこと。
      (4)競技中の燃料補給は確実かつ安全にする。(主催者側で行います。) その時ドライバーはカートから離れること。
      (5)レース中のその他のルール
      (a)   コースは常に先入優先し、追い抜きする者は、前方のカートの走行を妨害してはならない。また前方の車は後続のカートの進路を妨害してはならない。
      (b)   いかなる場合も、定められた方向と逆に走行してはならない。(コースは一方通行です)
      (c)   故意にコースから車輪を離して走行することは、コース・アウトとみなされる。
      (d)   衝突を避けるためにやむを得ずコース・アウトした場合は、その最も近いところから再びレースに復帰してください。
      (e)  ドライバーは工具等を携帯することはできない。
      (f)   レース進行中パドック(整備エリア)に入った車両は、レースを放棄したものとみなされ再びコースに入ることはできない。(ピットエリアで整備、ドライバー交代をしてください。)
    6. (g)   不適当もしくは危険とみなしたカートおよびドライバーは、レースから除外される。(黒旗を提示します。)
      (h)   競技中にゼッケン番号が判読できない場合は、計測されないことがある。なお、オレンジ色の円形のある黒旗が振られる場合もある。
      (i) 順位の決定は、周回数の多い順で、同周回数の場合は先にコントロールラインを通過した者を優先する。 それ以後は、チェッカー旗を受けた完走者、チェッカー旗を受けない完走者、不完走者となる。
      第4章  ピットに関する事項
      (1) ピットインする場合はピットロードを徐行し、必ず自己のピットに停止しなければならない。
      ピットは指定された場所を使用しなければならない。
      (2) ピット・エリア内では火気の使用は禁止する。(タバコ等一切禁止)

      抗議に関する事項
       一切認めない。
      ペナルティーに関する事項
      1. ペナルティーには次の6ポインドがある。
         * 警告 *タイムペナルティー
         *ラップペナルティー *失格
      2. その他のペナルティーについては、通知書等にて通知する。なお、ペナルティーについては競技長の判断により課せられる。
      成績および賞典に関する事項
      1.成績の決定方法
        ・決勝レースに出場した者の結果によって決定する。
        ・賞は各ドライバーに対して行われる。
      2.その他のことについては、当日公示する。
      3.保険金の支払方法
          保険金額は被保険者1名についてはつぎのとうりとする。
        (ア)ドライバー保険金額
           普通条件・500万円
           保険支払いについては契約保険会社の支払要項による。

    TOPへ
    注意:入場されるすべての皆様へお願いモータースポーツ競技には、危険を伴う場合がありますので、立入禁止場所には絶対に入らないで下さい。立入禁止場所に入って事故があっても主催者は責任を負いません。

信号旗

flag3.jpg (3470 バイト) flag2.jpg (2371 バイト)
チェッカーフラッグ・・・競技終了
スローダウンしPITに帰る。
グリーンフラッグ・・・スタート
flag1.jpg (3156 バイト) flag4.jpg (2845 バイト)
オレンジディスクのある黒旗゙・・・トラブル発生。PIT IN、修理して再走してください。 黒旗・・・失格
危険または非スポーツマン的行為があったので競技を止めさせる。
flag6.jpg (2387 バイト) flag5.jpg (3242 バイト)
黄旗・・・追い越し,追い抜き禁止。コース上に事故車、トラブル車両等があるので、注意して走行して下さい。 白黒旗・・・警告旗
非スポーツマン的行為に対して警告。2回目は黒旗を表示されます。
*タイムスケジュール
後日公示する。


 TOPへ 

入場されるすべての皆様へお願い!! モータースポーツ競技には、危険を伴う場合がありますので、立入禁止場所には絶対に入らないで下さい。 立入禁止場所に入って事故があっても主催者は責任を負いません。


homeへ